累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ
2006年03月13日

アースについて

現在車の電気は、プラスは配線、マイナスはボディーに流れている。
中には逆のプラスはボディー、マイナスは配線もあるがごく一部の車にすぎない。
確認するにはバッテリーのマイナス端子から出ている配線がボディーにボルト止めされていれば
プラス配線マイナスボディーになる。

車にはアースポイントというものがあり何本かのマイナス配線をボディーにボルト止めしボディーを介してバッテリーへとなっている。

しかし、旧車になるとそのアースポイントが錆びてきてアース不良になる。
そうなるとうまく電気が流れず奇妙な現象が起きる。
本来ならボディーを流れてバッテリーへいくのだがアースポイントが錆びてうまく流れなくなると違う配線へと流れ普段点かないランプが点灯したり全く点かなかったりする。

すごくおかしな現象が出ておどろくことがある。

もし、電気系で考えられないって現象が起こったときは一度アースポイントを見てみることだ。場所は何箇所もあるのでボディーに何本かの配線がボルト止めされているところを探してみることだ。結構目につきにくい奥まったところにあるので探してみよう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/14732789
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。