累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ
2006年04月17日

マフラーについて

純正マフラーからスポーツマフラーといろいろとあるが、マフラーが脱落することが多い。
主にマフラーブラケットが折れてしまいぶら下がった状態になる。
強化タイプのマフラーブラケットもあるのだが寿命が長くなるだけって感じであまり効果がない。

原因として無理やりマフラーを取り付けている事が大きい。
多少のズレならハンガーラバーで対処できるのだが度を越して付けているとマフラーブラケットに無理がかかり折れてしまう。

無理がないように取り付けられているかの点検方法で分かりやすいのがハンガーラバーに余裕があり引っ張られていないかを見てみる。

もし、ハンガーラバーが伸びきっていたり、逆に縮みきっていたりしたら無理に取り付けされていると思われる。
この記事へのコメント
教えて下さい。
マフラーから黒いオイルの薄いような液体がでます、触媒がきいていないせいですか?
触媒アダプターなる商品がありますが、触媒としての機能はないのでしようか?
Posted by 久保 at 2012年05月25日 09:42
訪問ありがとうございます

黒い水ではないでしょうか?

粘りはありますか?

水であれば触媒が効いているので問題はありません

黒いのは排気系に溜まったカーボンが一緒に出てきているのだと思います

触媒アダプターは私の思うところ排気抵抗をなくすために触媒の代わりに触媒のないパイプに交換するものだと思うのですが・・・
Posted by at 2012年05月26日 22:08
解答ありがとうございます。
Posted by 久保 at 2012年05月27日 06:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。