累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ
2010年06月08日

ご訪問ありがとうございます。

私が今まで経験してきたROVER MINIのメンテナンス
について紹介させていただこうと思います。
車が古くなってくるにつれていろんなところが故障していきます。
ショップで修理を頼べばいいのですが、もともと機械いじりが好きで
自分で修理できれば修理代も安上がりで愛着も湧いてきます。
試行錯誤の繰り返しでなんとか維持しています。
みんなでもっとROVER MINIのことを好きになれればいいと思います。
よろしくお願いいたします。

※この「ミニのメンテナンス」に掲載しているサイトや内容での利用で起こった損害や問題、トラブルなどに関しまして当サイトは、一切責任を負いません。あくまでも判断はご自分でお願いいたします。

2006年05月14日

ホイルナットについて

純正のアルミ用ナットは、化粧ナットになっている。
インチサイズのホイルレンチを使用しないとつぶすことになる。

化粧ナットは、ナットにカバーがついている感じになっているので間違った外し方をするとカバーのみ空回りし、外すことができなくなる。

もし、ナットの山が丸くなっていたりカバーのガタツキが大きくなってきたらホイルナットを交換したほうがいいだろう。
2006年03月21日

ローバーミニの弱点について

どんな車にも弱点はつきもの。

弱点を知れば長く乗ることができる。

圧倒時に多いのがオイルもれ。
エンジンオイルに限らずブレーキオイルやクラッチオイルもよくもれている。

次に多いのがオーバーヒート。夏場は泣かされる。
あとは、電気系のトラブル。突然ライトが点かない、エンジンがかからないといったことがある。

この3点をメインにしてメンテナンスをしていくとかなりトラブルは防げる。
電気系のトラブルを防ぐのはなかなか難しいところがあるが、オイルもれ、オーバーヒートはちょっとしたことで防げる。
それも簡単なことで。
それは、車に乗る前(私は乗る前に毎回見ている)に車の下にオイルや水が垂れていないかを見ること。これで早期発見ができ、即修理をすれば大修理になることもない。
乗るだけ、ショップまかせっていう人が結構多い。
それでは、短命なミニになってしまう。

気になったことがあれば即修理、それが長く乗り続けるコツになる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。